label

はじめに

デザインは経営と密接な関係にあると考えます。
モノづくりを行っていくと、その先には必ずユーザーが存在し、
モノとヒトとの間には多くのステップが発生します。
私たちはユーザーのライフスタイルにおいて必要なモノやコトを
ステップごとデザインすることを信条としています。

モノガタリの
デザイン

一消費者として消費活動への動機となるものは何なのか。
そこには二つの”モノガタリ”が隠れています。
①物語(バックグラウンド・ブランドアイデンティティ・ストーリー)
②モノ語り(プロダクト・サービスが直接訴えかけてくるなにか)
この二つをデザインすることで、ユーザーにとって
そのブランドやプロダクトが特別なモノとなります。

戦略的デザイン
リソースの活用

「この世にないモノは無い」・・・そう言われるほど、私たちの生活は豊かになり、市場にはたくさんのモノがあふれています。
では、そんな状況下で新たな価値を生み出すには何が必要か。
その答えを導き出すためには、戦略的にデザインリソースを活用する必要があります。
ここでのデザインリソースとは言わば”戦術”です。
ブランディング(戦略)とデザインリソース(戦術)の双方をしっかりと組み立てる事で、市場における独自性を築くことができると考えます。